当科の紹介

教授挨拶

岩手医科大学腎・高血圧内科の
ホームページへようこそ

当科は、岩手医科大学旧第二内科の流れを汲み、本学としては初めて腎臓学・腎臓病学を中心に診療・教育・研究活動を行う分野として2018年4月に発足しました。私たちは腎疾患診療を担う医療人をここ岩手の地で養成し、地域における腎疾患・腎不全の診療文化を新たに構築してゆきます。

私たちの診療〜全身・全経過を診る

腎臓は常に全身諸臓器と互いに調和を保ちながら、体内環境の恒常性維持を司っており、その調和が乱れると互いに影響しながら様々な病態が形成されます。私たちの診療の対象は腎臓による生体の恒常性維持機構の破綻をもたらす全ての原因と結果です。私たちが考える腎疾患診療の基本姿勢は、第一に、臓器別診療とは一線を画し、腎臓をhubとして常に「全身を診る」ことです。第二に、患者さんの生涯にわたり切れ目なく「全経過を診る」ことです。
具体的には、あらゆる腎障害の病態を常に全身諸臓器との連関で評価するとともに、これに基づく最新の診断治療により重症化を予防し、健康寿命を延ばすことに最善を尽くします。一方、治療が奏功しない、あるいは治療時機を逸して腎不全が進行した患者さんについても、全人的視点から個別に最適・最善の腎代替療法ときめ細かい全身管理を生涯にわたり提供することにより、それぞれのQOLを保つことを全力で支援します。

私たちの人材養成〜オールラウンドなnephrologistの育成

私たちは、地域における腎疾患診療とともに、教育・研究機関として優れた診療の担い手を養成することに情熱を注いでいます。全員が早期に腎臓専門医を取得することを目指し、屋根瓦式のグループ制診療と、内科学と腎臓学(nephrology)の深い理解を基盤とした徹底したカンファレンスを通じて、全身的・全人的な病態把握を鍛錬し、エビデンスに基づく高いレベルでの診断治療の平準化を図っています。
腎生検は年間100件を超え、難治性・進行性腎疾患に対する精度の高い診断と最新の専門的知見に基づく国際標準の治療が行われています。また、透析の導入・維持管理を通じてバスキュラーアクセス作製・管理などinterventional nephrology領域の手技の経験を積む機会も準備されています。
さらに、上級医の指導のもと若手医師にも院内外で外来診療を積極的に担当させ、入院担当患者の外来管理はもちろん、かかりつけ医とのCKDの重症度に応じた適切な連携、周術期の腎機能障害、水電解質・酸塩基平衡異常、高血圧の精査・管理、全身性疾患に伴う腎障害、透析患者の全身管理などの院内外のコンサルテーション対応を行うことで、オールラウンドなnephrologistとして必要な経験をバランスよく積むことができます。特に腎不全(透析)医療は臨床医学の広範囲の知識を要求されるとともに、多職種が関わるチーム医療の典型であり、内科医であるからこその総合力で社会に貢献できる最も重要な領域の一つです。

私たちの研究〜地域に根ざすアカデミアとして

臨床医は生涯にわたり、最新の医学医療の知識、エビデンスの適切な解釈と適用、そして患者心理や社会経済的背景に配慮した治療選択などの能力を求められます。医師が研究をする意義は、単に科学的成果の追究ばかりでなく、医師としての自己研鑽能力、複雑な課題に対する高度の思考力・判断力と実践的な問題解決能力を養うことにあります。例えば医学博士の学位は診療の経験に加えこのような修練を積んでいることの一つの証であり、私たちが若手医師に積極的に取得を勧める所以です。
私たちは、地域に根ざしたアカデミアとして地域住民・患者集団の丁寧な観察と自らの診療実践の検証から臨床的な仮説を抽出し、これに立脚した新たな基礎的・探索的研究を展開してゆきます。その成果を国内外に積極的に発信し、腎臓・高血圧性疾患の診療水準と疾病対策の向上に貢献してゆきたいと考えています。
私たちは、一人でも多くの同志を募り、地域の腎疾患・腎不全医療の明るい未来を一歩ずつ築き上げてゆく所存です。皆様の暖かいご支援とご鞭撻を何卒よろしくお願い申し上げます。

医局員紹介

教授旭 浩一

プロフィール
出身地:福島県
出身大学:福島県立医科大学
卒年:1992年
所属学会
日本内科学会
日本腎臓学会(幹事・評議員)
米国腎臓学会
国際腎臓学会
日本透析医学会
日本高血圧学会
日本糖尿病学会
日本内分泌学会
資格
医学博士
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本腎臓学会専門医・指導医
一言
当科は患者さんと深く長く関わる機会が多く、常に人間と社会について勉強させられます。様々な形で一生続けることが出来る医師としての寿命が長い科です。

准教授田中 文隆

プロフィール
出身地:青森県
出身大学:岩手医科大学
卒年:1996年
所属学会
日本内科学会
日本腎臓学会
日本透析医学会
日本循環器学会(評議員)
日本高血圧学会
資格
医学博士
日本内科学会認定内科医・指導医
日本腎臓学会専門医・指導医
日本循環器学会専門医
一言
当科では、入院患者さんの腎臓病や高血圧および併存症の問題点について、連日ディスカッションを行っています。
研修医、学生の皆さんも積極的に参加してください!

講師吉川 和寛

プロフィール
出身地:青森県
出身大学:弘前大学
卒年:2003年
所属学会
日本内科学会
日本腎臓学会(評議員)
日本透析医学会
日本リウマチ学会
日本腹膜透析医学会
日本臨床腎移植学会
米国腎臓学会
資格
医学博士
日本内科学会総合内科専門医
日本腎臓学会専門医・指導医
日本透析医学会専門医・指導医
一言
腎臓内科医にはgeneralistとしての知識・技術が不可欠です。ともに歩んで参りましょう。

助教松浦 佑樹

プロフィール
出身地:岩手県
出身大学:岩手医科大学
卒年:2015年
所属学会
日本内科学会
日本腎臓学会
日本透析医学会
日本内分泌学会
日本循環器学会
資格
医学博士
日本内科学会認定内科医
一言
腎臓内科学を中心に内科全般を一緒に勉強しましょう。

任期付助教野田 晴也

プロフィール
出身地:宮城県
出身大学:岩手医科大学
卒年:2015年
所属学会
日本内科学会
日本腎臓学会
日本透析医学会
資格
日本内科学会認定内科医
一言
腎臓内科は診療範囲が広く全身を診る必要があります。
体液管理、膠原病、透析、手術・カテーテル治療など、誰でもやりたいことが見つかると思います。一緒に学びましょう。

専門研修医佐藤 直幸

プロフィール
出身地:岩手県
出身大学:獨協医科大学
卒年:2010年
所属学会
日本内科学会
日本腎臓学会
日本透析医学会
日本リハビリテーション医学会
一言
腎不全の予防に尽力してまいります。

大学院生菊池 調

プロフィール
出身地:岩手県
出身大学:岩手医科大学
卒年:2017年
所属学会
日本内科学会
日本腎臓学会
日本高血圧学会
日本透析医学会
一言
腎臓内科学を中心に内科学全般を研鑽するため当科に入局しました。
患者様に寄り添うことを第一に、外来/入院診療、臨床研究をしております。よろしくお願いいたします。

研究員 (出向中)赤坂 祐一郎

プロフィール
出身地:岩手県
出身大学:岩手医科大学
卒年:2012年
所属学会
日本内科学会
日本腎臓学会
日本透析医学会
資格
日本内科学会認定内科医

内科専攻医 (出向中)守屋 雄太

プロフィール
出身地:宮城県
出身大学:岩手医科大学
卒年:2016年
所属学会
日本内科学会
日本透析医学会
トップに戻る
トップに戻る